WordPressを使おうと思うと、PHPというプログラム言語が出てきます。

このPHP言語はJavascriptに似ていますが、ちょっと違います。

PHP: Hypertext Preprocessor(ピー・エイチ・ピー ハイパーテキスト プリプロセッサー)とは、動的にHTMLデータを生成することによって、動的なウェブページを実現することを主な目的としたプログラミング言語、およびその言語処理系である。一般的には PHP と省略して用いられており、これは「個人的なホームページ」を意味する英語の “Personal Home Page” に由来する。

PHPはサーバーサイド・スクリプト言語として利用されており、Webサーバ上で動作し、Webサーバ上でPHPスクリプトの文書が要求されるたびに、そのPHPスクリプトが実行され、結果をウェブブラウザに対して送信する。平易な文法のため初心者でも習得しやすく、また大規模な開発にも多く用いられている。多くのフレームワークやライブラリが存在し、開発の手助けとなっている。  Wikipediaより引用

 

というわけで、PHPをタイピングする練習サイトを見つけました。

Typing.lk

こちらの [Code] という部分で phpを選択するとソースコードを打つ練習が始まります。

コードの意味はわからなくても、ひたすらに打ち込んでいけばなんとなくphpをわかるようになるのでは?と思います。

 

 

Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。