Webデザイナーと言うイメージとフロントエンジニアって聴くのと

皆さんどんなイメージでしょう?

今までマークアップエンジニアと言うエンジニアがjQueryの普及で

Javascriptができることを求められて

フロントエンジニアというエンジニアになってるのかな?と思いました。

一般的には主にWebブラウザとシステムの間を取り持つエンジニアとしてWeb系企業では一般的になった職種と言われています。

 

Webデザイナーは画像出来る=デザインカンプまで出来る=一からサイト作れる

フロントエンジニア=更新や修正業務デザインカンプをHTMLにマークアップ

っていう違いでしょうか?

HTML CSS Javascript

ここにUI(ユーザインタフェース/user interface)をしっかり意識してサイト作成出来ることが必要です。機能面の設計についての理解や知識が不可欠となってきます。

今はさらにスマホの需要に伴い、UX(ユーザーエクスペリエンス)も求められます。

イメージとしてフロントエンジニアとして経験をつみ、Adobeを学習してWebデザイナーとしてステップアップして行くのが近道かもしれません。

まずはサンプルを作ったサイト作成をアレンジしてポートフォリオサイト完成させ、レスポンシブルサイトに修正してみるのが目標設定しやすいでしょう。

参考本

 

 

Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。