HTML、CSS、Javascriptについては、本当にさまざまな情報がネットにアップされています。

Googleで検索する際、目的の情報にたどりつくには、キーワードを3つくらい入れるとわかりやすい解説が見つけられる可能性が高いです。

たとえば、HTML(スペース)article(スペース)意味 と単語と単語の間にスペースを入れると見つけやすいです。

検索のコツとしては、最初に調べたい 言語系の名前(HTMLとか) を入れて 知りたい情報の要約を二つくらい入れてみるといいと思います。

最近はオープンソースも増えているので、特にHTML、CSS、Javascriptは検索がうまくなることが上達のコツかもしれません。

他にも、気になったサイトを見つけたらHTMLやCSSをコピーして、自分の画像と差し替えてみるなど、人の作成したコードの意味を理解できるとHTMLとCSS、Javascriptの知識があがっていきます。

また、サイトそのものをコピーできるツールもあります。(セキュリティなどで受け取れない情報もありますが)

ホームページクローン作成

こういったツールを使って、さまざまなソースコードに触れることで自分の学習を進めることもできます。

また、他のサイトでやっていることをたくさん見ることがセンスを磨いたり、今のWebデザインの流行なども理解できるので、一日一サイト、2ページ程度をコピーするというのが、おすすめです。

実務でも、ソースコードの修正や追加などは必要な知識です。どこを変えたら変わるかということを理解する一番の近道はコピー&ペーストだと思います。

Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。