これからWebデザインを学ぶ皆さんに知っておいていただきたい法則があります。
パレードの法則です。

パレートの法則(パレートのほうそく)とは、経済において、全体の数値の大部分は、全体を構成するうちの一部の要素が生み出しているという説。
80:20の法則、ばらつきの法則などと呼ばれることもあるが、本来は別のものである。
イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレート(Vilfredo Federico Damaso Pareto)が発見した冪乗則である。経済以外にも自然現象や社会現象等様々な事例に当て嵌められることが多い。
ただし現代で言われるパレートの法則の多くは、法則と言うよりもいわゆる経験則のたぐいである。自然現象や社会現象は決して平均的ではなく、ばらつきや偏りが存在し、それを集約すると一部が全体に大きな影響を持っていることが多い、というごく当たり前の現象をパレートの法則の名を借りて補強している場合が少なくない。
また主要な一部(80:20の法則で言う20%の部分)だけが重要で、残りは重要ではないという説明がまれに見られるが、それも本来のパレートの論旨とは無関係である。 wikipediaより抜粋

 

若干本来の伝えたいこととずれている認識もありますが、100%である必要はないということをお伝えしたいのです。

Webのプロになりたい思った時に、
あらゆる分野のあらゆる知識を完璧にマスターしなければならないと
思っている人がいるかもしれません。

時間が無尽蔵にある人ならば、可能かもしれませんが、
多くの人がやることがたくさんあり、忙しいと思います。

限られた時間の中で、
効率よくスキルを身につけるのにはどうすれば良いのでしょうか?

その答えがパレードの法則です。

Webデザイナーになる過程においても、本当に重要なスキルを集中して身に着けることで残りのレベルの底上げができます。

HTMLなどには数百種類のタグがありますす。
そのタグをすべて覚える必要があるのでしょうか?

経験が豊富なプロのWebデザイナーであっても、普段使うタグは30個程度です。

つまり、全体の数パーセントを使いこなせば
80%以上の仕事ができてしまいます。
webデザイナーとして一人前になるのに
本当に重要な20%のスキルを習得するには、たくさんHPを作成することです。

覚えることを先にするのではなく、実際のHP作成をしながら覚えることが一番の近道です。

http://www.ikesai.com/

http://bookma.org/

http://io3000.com/

上記サイトの中から気に入ったサイトをFirebugなどで確認したり、

ホームページクローン作成

上記を使って必要なパーツを入手して、CSSの変更などをしてみる。

HTML5になっていないページをHTML5 に変更してみるというのも学習方法としておすすめです。

Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。